「本当に必要???」

「本当に必要???」

 

何をするにもお金がかかる世の中だなあとつくづく思う今日この頃です。
例えば、子どもの教育費について考えてみたいと思います。
子どもに良い教育を受けさせたいなと思うのが親心です。
そのため、質の高い習いごとを始めたり、私立の学校を受験したり、四年制の大学を卒業させたり、留学させたりときりがありません。
その都度、高額なお金の準備が必要になってきます。
身の丈にあったマネーライフを送るのが理想ですが、なかなかそうもいきません。
子どものいずれは財産になると考えると、つい、背伸びをしてお金を借りる事態に陥るかもしれません。
「お金を借りる」イメージは、世間一般では後ろめたく、暗いものであるかもしれませんが、「本当に必要」と思える借金なら、前向きにとらえても良いのではないかと私は思います。