お金を借りるというイメージ

お金を借りるというイメージ

 

大人になってからお金に不自由したことのある人は決して珍しくないと思います。
ちょっとした不運が重なると、お金が足りなくなってしまうことはよくあることです。
しかし、いざ、自分がお金を借りないといけない時にはなんとも情けないような気分になってしまうものです。
できれば、人に見られたくも知られたもないことだと感じる人が大変でしょう。
"きちんとお金を管理でできない人”とか、”かわいそうな人”と思われそうだから、というのがあるでしょう。
実際に全然贅沢をしていなくても、パートやアルバイトなどが収入源で、それでちょっと歯の治療をしたりしたり病気になったりしたら、お金などすぐに足りなくなります。ですから、しかたない場合もあるでしょう。
けれど、お金を借りるイメージというのはやっぱり暗く、情けない感じに思う人が多いでしょう。